短期派遣の特徴は拘束期間が短いという点です。
短期派遣のメリット・デメリット

短期派遣の特徴は拘束期間が短いという点です…

★ 38歳 女性の場合
短期派遣の特徴は拘束期間が短いという点です。
その為、以下のようなメリットがあります。
第一にこの期間においては、多少ハードな労働時間であっても本人が我慢でき、家族の理解も得られやすいです。
第二に労働契約終了後の自由度が高いです。
たとえば夏休み期間に入るので一切仕事をしないという選択も可能です。
逆に、契約終了後にその経験を踏まえて、長期派遣の仕事選びをしていくという選択もあります。その為、今後の働き方について確たる自信がない人や、一時的に働いてみたい人には、比較的間口が広く、それでいて企業へ迷惑をかける事もないという点で非常に有効な働き方といえます。
一方で次の様なデメリットもあります。それは契約期間が短い為、せっかくその仕事に慣れて働き甲斐を感じたとしても、契約が切れ、すぐに新たな就職先を見つけなくてはならないという事です。
また短期派遣を繰り返しても、職種や職場が違う為にあまり仕事のスキルアップを望めませんし、何よりも常に就職活動をしなくてはならないという困難が伴います。
したがって、事情により恒常的に働くのが困難な場合には、メリットが大きく、逆に長期的・積極的に働きたいと考える場合には、短期派遣を繰り返すよりは、じっくりと安定的に働ける長期派遣を選んだ方が良いと考えられます。

関連情報